南九州病院について

ご挨拶

院長 川畑 政治

院長 久保田 伊知郎

独立行政法人 国立病院機構 南九州病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
令和2 年4 月に病院長を拝命しました久保田伊知郎(くぼたいちろう) です。宜しく御願いします。

当院は、昭和46 年国立加治木療養所と国立帖佐療養所を統合し、国立療養所南九州病院として発足しました。平成12年には旧国立療養所霧島病院(現霧島市立医師会医療センター)と統合し、平成16 年4 月の独立行政法人化に伴い現在の名称となりました。

当院は政策医療を推進しており、呼吸器疾患(肺がん、慢性呼吸不全、感染性肺疾患など) ・肺結核の専門的医療、神経・ 筋疾患(筋ジストロフイ一症、ALS、パーキンソン病等の神経難病など) の専門的医療、重症心身障がい児・者の専門的医療と療育、そして成育医療(脳性麻痺児の早期診断・ 早期治療など) がその柱となります。

特に肺がん診療では、肺がんの診断(CT、 MRI、RI検査、病理診断など) から手術療法(胸鏡下手術など) 、薬物療法(化学療法・ 免疫療法・分子標的薬治療など) 、放射線療法、緩和ケア的治療のすべてが当院で可能です。当院は、平成20年2 月、地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、平成31年4月からは、地域がん診療病院としての指定を受けております。また、令和2年4月から循環器内科の外来・入院診療も可能となりました。高血圧症や心不全等の患者さんの診療も積極的に行います。消化器領域、糖尿病・内分泌領域などの診療開始も検討中です。

「病む人に学ぶ」の院是のもと、各職員が患者さんに寄り添い、安全で良質な医療が提供できるよう努めてまいります。今後とも当院の運営に際しまして、ご理解、ご協力をいただけまよう宜しく御願い致します。

令和2年4月吉日
(独立行政法人)国立病院機構南九州病院
 久保田 伊知郎

交通アクセス

トップへ戻る