医療関係者向け

薬剤部

薬剤部

  • 調剤業務
  • 注射薬業務
  • 薬剤管理指導業務
  • 医薬品情報
  • 薬剤師外来支援

院外処方せんへの検査値の添付について

 近年では様々な医薬品が開発されています。南九州病院ではその医薬品の適正使用を進めるため、院外処方せんに患者さんの血液検査結果の一部を、処方監査に必要な情報として添付することになりました。記載される検査値は測定された直近の値の3回までで、検査項目は20項目となっています。
 保険薬局において患者さんの検査値を参照されることで、用量や相互作用だけでなく、検査値に基づいて患者の状態を把握した上で処方を監査し、肝機能、腎機能に応じた投与量の適正化や副作用の早期発見など、保険薬局薬剤師にもその役割を十分に発揮してもらい、薬物療法の安全性や有効性の向上に寄与できるものと考えております。

部門紹介

 現在、当院の薬剤部は薬剤師8名・助手3名在籍しています。院内で使用される医薬品の適正な使用推進や適切な管理をすることで、質の高い薬物療法を提供することを目標としています。薬剤部の業務内容は、内服・注射薬の調剤や抗がん剤の無菌調製、入院患者様への服薬指導などです。

 さらに、薬剤部で取り組んでいることとして、院外処方せんに検査値を添付するなどの保険薬局との連携、院内に研修に来る薬学生への教育、薬剤に関わる臨床研究の推進などが挙げられます。その為、薬学部学生の長期実習の受け入れ、薬剤師の日本医療薬学会や国立病院総合医学会などの学会発表、さらに専門薬剤師の育成サポートなどを行っています。

 姶良地区での医療の中心となるように、地域医療との連携にも取り組んでいます。具体的な活動として、退院支援カンファが挙げられます。連携室や主治医、看護師、その他のコメディカル、訪問看護師や姶良保健所職員などと協力し、積極的に患者さんの退院支援を行っています。

薬剤部スタッフは下記のチーム医療に参加しています。

AST(Antimicrobial Stewardship Team:抗菌薬適正使用支援チーム)
検査や抗菌薬について支援を行い、感染症の治療効果を高め、耐性菌の出現を抑えることを目的としているチームです。
週に1度、指定抗菌薬が使用されている患者様のラウンドを行い、最大限に治療効果を発揮し、副作用が最小限になるようにサポートしています。抗菌薬適正使用を推進しているチームです。

ICT(Infection Control Team:感染対策チーム)
患者様だけでなく、患者様家族、当院職員を院内で起こるさまざまな感染症から守るための活動を目的としているチームです。
週に1度、病院内の衛生面の環境ラウンドを行い、病院全体の感染対策活動を行っています。

PCT(Paliative Care Team:緩和ケアチーム)
がん患者様やがん患者様のご家族に起きている様々な苦痛(身体面、精神面)を和らげ、個々の患者様に合った快適な生活の支援を目的としているチームです。 週に1度、多職種で構成されるチームのラウンドやミーティングを行っています。
疼痛緩和の立案など患者さんやご家族にとって最善の状態が得られるよう、主治医や病棟スタッフと協同で支援しています。

NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)
病気や手術のために十分な食事が取れない患者様に、最も適切な栄養補給の方法や病気の回復、合併症の予防に有用な栄養管理方法を提案し、患者様の栄養状態をサポートすることを目的としたチームです。
週に1度、多職種で構成されるチームのラウンドやミーティングを行い、患者様の栄養状態の改善に取り組んでいます。

内服薬調剤業務

 内服薬の処方において、用法・用量の間違いがないか、重複投与がされていないか、相互作用がないかなどを確認し、調剤を行っています。調剤後は、調剤ミスや監査ミスを防ぐために別の薬剤師が二重チェックを行い、確認の強化をしています。また、患者様が入院時に持ち込まれた薬(持参薬)の確認を行い、当院での適正使用に尽力しています。

注射薬調剤業務

 注射薬の処方せんに従い、外来や入院されている患者様に点滴・注射薬の準備を行っています。準備した注射薬は、調剤ミスや監査ミスを防ぐために別の薬剤師が二重チェックを行い、確認を強化しています。注射薬を調剤する際は、お薬の内容、用法・用量、投与方法などを確認しています。さらに、複数の注射薬を同時に使用、混合する際は安定性や配合変化を確認し、医薬品の適正使用に努めています。

薬剤管理指導業務

 入院された患者様に処方されたお薬の説明を、薬剤師が行っています。説明の際に、副作用や内服状況、吸入器の使用方法などの確認も行っています。患者様だけではなく、患者様のご家族への服薬指導も実施し、コンプライアンス向上の手助けを行っています。注射薬についても投与時の血管痛がないかなど、患者様にお会いして確認し、薬剤の適正な管理・使用に尽力しています。

入院支援業務

 患者様が入院する際や入院前の相談で病院にご来院された際は、入院支援業務を行っています。患者様が定期的に内服されている薬や、持参された薬、副作用やアレルギー歴の有無を確認する事で、薬剤管理指導業務がスムーズに行えるようにしています。

医薬品情報

 医薬品の添付文書の情報改訂(使用上の注意改訂や副作用情報の新規追加など)が起こった際は他職種の医療スタッフに情報を提供しています。また、副作用報告制度の活用やプレアボイド(副作用を未然に防いだ症例の報告など)を行っています。

薬剤師外来支援

 抗がん剤に対する理解を深め外来治療を少しでも安全に、そして効果的に、また少しでも安心して治療をしていただけるよう、当院では呼吸器科・外科でがん治療をされている方を対象に薬剤師外来を開設しています。
 抗がん剤や分子標的薬の副作用のモニタリング・投与スケジュールの説明・お薬の確認や処方提案・日常生活の注意点・医療用麻薬の使い方・調剤薬局との連携を主に行っています。薬剤師外来を利用するには主治医からの依頼が必要になります。ご利用の際は主治医・薬剤師・外来看護師・地域連携室までご相談ください。

交通アクセス

トップへ戻る