医療関係者向け

認定看護師

看護部

  • 病棟・中材・手術室・外来紹介
  • 緩和ケア棟
  • 委員会紹介ファイル
  • 看護研究ファイル
  • クリティカルパス
  • 専門看護師・認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師 山之内 夕子

がん性疼痛看護認定看護師 山之内 夕子

外来において、がん治療や緩和ケアを受ける患者さんを対象にがんによる痛みや痛みから起こる様々な苦痛症状に対し鎮痛薬などの薬物療法が適切に使用できるよう医師と協働して検討しています。その他、患者さん自身が自分の生活に合わせた薬物の管理やマッサージや日常生活の工夫など具体的な方法が取り入れられるよう家族も含めて支援しています。また、望む場所で療養ができるように当院で提供できる緩和ケアについて情報提供やがんの治療の選択に関わる意思決定支援をしています。

緩和ケア認定看護師 上村 直美

緩和ケア認定看護師 上村 直美

私は、外来に勤務しています。がんや慢性疾患を患う患者様、ご家族が少しでも自分らしく生きることができるように支援させていただきたいと思っています。患者様・ご家族と対話することを大切にし、多職種と連携しながら病気や治療に伴う身体的なつらさや心のつらさなどの緩和、望む場での療養や治療方針に関わる意思決定支援などさせて頂いています。また、院内外の医療従事者を対象とした学習会を開催し、緩和ケアの普及や質の向上に努めています。

緩和ケア認定看護師 久保 邦子

緩和ケア認定看護師 久保 邦子

緩和ケアは、がんや慢性疾患に伴う体や心のつらさを和らげ、その人らしく生きることを支えるケアです。「緩和ケアは、終末期のケア」と誤解されることもありますが、「もしかすると、悪い病気かもしれない…」と意識した時から必要なものです。患者様やご家族の様々なつらさを緩和し、望む場所でその人らしく安心して過ごせるように、多職種と協働しながら支援させて頂いています。
【主な活動内容】
・緩和ケア棟での看護実践・指導・相談
・緩和ケアチームカンファレンス、病棟ラウンド、各病棟からの相談への対応
・緩和ケア棟に入院または転入を希望する方の対応(面談、緩和ケア棟入棟判定会議開催、病状説明同席など)
・院内外の医療従事者を対象とした学習会の開催

がん化学療法認定看護師 脇田 由紀子

がん化学療法認定看護師 脇田 由紀子

がん化学療法認定看護師は、化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理、副作用対策における実践、指導、相談を行っています。入院から外来を通して、専門的な知識・技術や経験を活かした看護ケアを行います。そして、患者さんの症状体験や生活に関心を寄せ、副作用の予防・対応について話し合い、セルフケアを習得し継続できるよう方法を一緒に考えています。また、医療スタッフは、化学療法が安全・安楽・確実に行われるようマニュアルを整備し、学習会の企画・運営、IVナース育成等の教育を行い、院内の化学療法看護の質向上に取り組んでいます。

がん放射線療法看護認定看護師 前田 千鶴

がん放射線療法看護認定看護師 前田 千鶴

がん放射線療法看護認定看護師とは、患者様やご家族の治療に対する希望を伺い、医師や放射線技師と協働して、放射線治療を受けられる患者様とそのご家族が、安全かつ安心して治療完遂できるよう、専門的知識と技術を用いて支援しています。主に毎週火曜日は、放射線科で放射線治療を受けられる患者様の診察に同席し、皮膚の状態や日常生活での困りごとなどについてお話を伺い対応しています。放射線治療のことで、疑問や質問などがありましたらご相談ください。

皮膚・排泄ケア認定看護師 図師 香奈子

皮膚・排泄ケア認定看護師 図師 香奈子

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、創傷(褥瘡・瘻孔・フットケア)・ストーマ・失禁ケアの3つの領域を専門とする看護師です。専門的なケアによって、患者様の皆様により良い生活を過ごして頂けるよう、医師・看護師・医療従事者と協力し活動しています。
【主な活動内容】
・病棟で勤務しながら、院内の褥瘡・ストーマ・瘻孔・失禁に関連した皮膚トラブルに関するコンサルテーションの対応
・医師・看護師長・管理栄養士と共に、褥瘡回診参加
・褥瘡・ストーマ・瘻孔・失禁に関連した皮膚ケアに関する看護ケアの教育・指導
・ストーマ外来にて、ストーマケア・ストーマ周囲皮膚のトラブル・ストーマ用品についてのアドバイス

感染管理認定看護師 古市 由香

感染管理認定看護師 古市 由香

当院で過ごされる患者さん、ご家族、面会者、職員、委託業者など当院に係わる方々を感染から守り、患者さんが安心して治療に専念できる、安全な療養環境の提供を目指して活動しています。感染対策チーム(ICT)の一員として、多職種と協同し、院内ラウンドや研修を通して感染対策の指導や教育を行い、職員の感染防止対策の技術・知識の向上に努めています。

特定行為研修修了看護師 田中 純子

特定行為研修修了看護師 田中 純子

私は、【気管カニューレの交換】と【気管内挿管チューブの位置調整】という特定行為ができる看護師です。現在、筋ジストロフィーの患者さんや重度心身障害児(者)に対して、定期の気管カニューレ交換を行っています。また、今年度(令和2年度)ろう孔管理関連(胃ろうボタン交換、膀胱ろうカテーテル交換)の教育課程を修了し、現在トレーニング中です。活動内容として、定期の気管カニューレ交換だけではなく、医療行為が必要で在宅への移行に向けて入院生活を送っている患者さんやご家族に医療処置の説明を行っています。少しでも病棟での療養生活や在宅での生活への不安が軽減できるよう、お役に立てればと思います。
【看護師特定行為とは】
診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる行為です。特定行為研修を受けた看護師は、医師・歯科医師があらかじめ作成した手順書(指示)によって、タイムリーに特定行為ができるようになりました。

特定行為研修修了看護師 前田 未央

特定行為研修修了看護師 前田未央

(創傷管理関連栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連)
医師が作成した手順書により、創傷管理関連では「褥(じょく)瘡(そう)又は慢性創傷の治療における 血流のない壊死組織の除去」、「創傷に対する陰圧閉鎖療法」、栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連では「持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整」、「脱水症状に対する輸液による補正」が行えます。患者さんの状態をアセスメントして医師と連携を図り、安心した入院生活を送ることができるよう支援してまいります。

交通アクセス

トップへ戻る